あなたのお肌は大丈夫?間違いだらけのニキビ常識

あなたを苦しめるユーウツなニキビの実態。

 

ニキビの原因は皮脂分泌の過剰!!

 

ニキビを根絶するためには、まずニキビのことをよく知らなければなりません。

 

この章ではニキビがなぜできるか、私と一緒に勉強していきましょう。また従来のニキビケア常識のウソ・ホントについても検証していきたいと思います。

 

さて、ニキビ常識でよくいわれるのが「20歳を過ぎればニキビじゃなくて吹き出物」というものですが、これは本当なのでしょうか。

 

実は吹き出物もニキビも基本的には同じなんです。

 

ニキビとは、簡単にいうと、毛穴が皮脂で詰まってしまい、炎症を起こしたり、雑菌が繁殖して化膿した状態です。

 

もう少し、詳しく説明しましょう。

 

皮脂は皮脂腺で作られて、毛穴を通って分泌されます。

 

皮脂は皮膚を保護したり、お肌に潤いを持たせるために欠かせないものですが、分泌量が多過ぎると困りもの。

 

遺伝やストレスも原因とされていますが、ホルモンバランスが崩れても皮脂は過剰分泌されてしまいます。

 

この皮脂の量が多過ぎたり、あるいは、お化粧や汚れで毛穴が詰まったりすると,皮脂が毛穴から出てこられなくなってしまいます。

 

皮脂が毛穴にたまってしまうと、細菌が繁殖し、炎症を起こします。この細菌が「ニキビ菌」または「アクネ菌」などと呼ばれるものです。

 

当サイトでは「ニキビ菌」と呼びましょう。

 

ニキビ菌は常在菌といって、ニキビのない正常な肌でも、誰もが持っているものです。

 

しかし、毛穴に皮脂がたまると、これを栄養としてどんどん増殖し、炎症を起こしてしまうんですね。

 

炎症がさらに進むと、毛穴の壁が破れてしまって、さらにひどくなり、白っぽい膿ができたりします。