ニキビを作る原因はこんなにいっぱい

ニキビができる原因は、前述のように、ひとつにはホルモンのしわざ。

 

皮脂の分泌に関 常係するのは男性ホルモンですが、思春期になるとこの男性ホルモンの分泌作用が盛んになります。

 

これは男性も女性もです。オイリー肌の人は、子供の頃からオイリーというわけではなく,思春期のあたりからお肌が油っぽくなってきたことでしょう。

 

さらには食生活、環境汚染、便秘、ストレス、不適切なお手入れなどもニキビを悪化させる原因となります。

 

[食生活]

ニキビに悩む人なら皆さんご存じのことでしょうが、油っぽい食事はニキビを悪化させるといわれます。

 

また糖分の多いものも、とり過ぎると体の中で脂肪に変わってしまいますから注意が必要です。

 

ニキビによくないとされる食品は、脂身の多いお肉やお魚、天ぷらのように油を多用したお料理、ケーキ、チョコレート、その他のお菓子類、ラーメン,ファーストフード、ナッツ類、バター、チーズなどの乳製品など。

 

しかし、これらをすべて排除したとしても、ニキビが必ず治るわけではありません。

 

私が「ゆでるお料理ばかり」の食生活をしていたときも、ほとんど効果がなかったのはすでにお話した通りです。

 

また最近、アメリカで、チョコレートをたくさん食べる人と、食べない人のグループに分けて調査したところ,どちらのグループもニキビのでき方は同じだったという結果が出たそうです。

 

ですから、油っぽいものを食べたからといって、それが直接ニキビを作るとは限らないようです。

 

しかし、もちろん食べ過ぎは健康のためにもよくありません。

 

要は何ごとも神経質になり過ぎないことではないでしょうか。

 

一番大事なのは、バランスのよい食事をすることだと思います。

 

[便秘]

便秘はニキビと密接な関係にあります。

 

これはもう経験上「その通り」とうなずかれる方はきっとたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

便秘になると、身体に老廃物がたまり、新陳代謝が悪くなります0これがニキビの原因となるのです。

 

[ストレス]

ストレスもニキビを悪化させる原因といわれます。

 

新学期や受験期人事異動の時期にニキビがひどくなる人も多いようです。

 

ストレスがホルモンバランスを崩したり、生活のリズムを乱し、それがニキビに影響するといったケースもまま見られるようです。

 

[その他]

このほか、女性は生理前にニキビが増えることがあります。

 

これは生理前はホルモンの関係で、どうしても皮脂が過剰になりがちだからです。

 

生理が始まると自然に治まってくるという人も多いようです。

 

このほか間違ったお手入れや、肌を不潔にしているなどといったことも、ニキビの原因となります。

 

大人の場合は、品質のよくないファンデーションを長時間つけていることや洗顔の仕方が適切でないといったこともニキビの主因となります。

 

また髪の毛が顔にたれるようなヘアスタイルをしていると、これがまたニキビを刺激して悪化させる原因になります。